安東克典の描いた房総の風景

これらの絵はいずれも安東の心に留まった房総の景色。

外房、千倉にある外洋の荒波に揉まれる灯台。
内房から外房へ抜ける途中、山と海に恵まれた房総の光が変わる途中に佇む木。
九十九里といわれるほどどこまでもつづく砂浜、遠浅の波打ち際、寄せては返したあの日の思い出。

いずれも安東の制作にインスピレーションを与えた光景。

このときの印象を映像でまとめました。

関連記事

  1. ぼく、石原って言います、作家やってます。

  2. 京都府立植物園 温室の印象

  3. Call My Heart

  4. オペラ「椿姫」初演の考察

  5. 写真家、小野寺榮一さんと京都の路地を散歩する。

  6. A Journey Through the Wonders of Ar…

  7. 雨を感じる人もいるし、ただ濡れるだけのやつらもいる。

  8. 雨の日には雨のお茶を。晴れたときには晴れのお茶を。

PAGE TOP