The Inspiration Behind Past Days.

広告用表題

風のように自由な休日。
互いを確かめ合うような、やわらかなアリアからはじまる。

やがて、芯のあるリズムが刻まれ、それが三拍子だとわかる。小節を超えた息の長いフレーズがつづく。通奏低音が絡み、波打ち際のうねりにさらわれ、熱い吐息は駆け引きの中で焦らされる。あの日の午後。

想いは表現される前に断片として頭に浮かぶ。だから当然手は止まる。

レチタティーヴォが終わり、歌い手の息に合わせコンダクターが振り下ろす。その刹那。ルビコンを超える覚悟を聴衆も求められる。旋律が主張しテンポがそれを抑える。見つめ合ったまま、真っ直ぐなまなざしは互いのカデンツァに向かって一気に駆け上がっていく。

間もなくだ、おもいが姿を表しはじめる。

夜を迎えるたびに、永遠の音楽に合わせて踊り、盲目的に無意識の中へと踏み込んでいく。
いてもたってもいられない、手と心の置き場のない夜が画家に煌めく悪魔の瞬間を与える。

やがて、無意識が必然の歯車を壊し、またひとつ、新しい作品がこの世界に出現する。

関連記事

  1. 雨の日には雨のお茶を。晴れたときには晴れのお茶を。

  2. 京都府立植物園 温室の印象

  3. 生きた証として作品を描くからそれをプロデュースしてくれないか。

  4. 安東克典の描いた房総の風景

  5. 小澤征爾音楽塾オーケストラ・プロジェクトI

  6. ウフィツィ美術館の印象

  7. わたしを殺して、さもなくば希望を返して。

  8. 雨を感じる人もいるし、ただ濡れるだけのやつらもいる。

PAGE TOP