雑司が谷でふくろうを探す。

SDIM0051

2020年2月29日、この日は自分の誕生日でした。暖冬とはいえ、とても暖かい陽射しの中、都営まるごときっぷで鬼子母神へ。本八幡からだと都営新宿線を神保町で三田線に乗り換え、西巣鴨を経由して新庚申塚でさくらトラムに乗り鬼子母神前。

着いた頃はお昼時。お腹も空いたので鬼子母神とは反対側へ歩き見かけた定食屋でご飯を食べる。ふりかけがついていてなんだかとても嬉しかった。

SDIM0056
SDIM0065
SDIM0066

てれてれと鬼子母神へ向かって歩いていると、あちこちにふくろうがいる。でも、どれもなんだかピンとこない。自分のイメージしているふくろうとなんだか少し違う。

SDIM0057

すこし歩き回って、連れが行きたいと言った雑貨屋へ向かう。

SDIM0068

自分は猫に興味がないので連れを残し、路地をうろうろ。

SDIM0069
SDIM0072
SDIM0073

古本屋があった。なんだかとても惹かれるものがあったので入ってみる、と、お客さんが一人。奥へ行くと店主がいる。なんだかとても不思議な感じがする。

SDIM0070

「いい店ですね」、と、思わず言ってしまう。こういうお店の雰囲気好きなんです。じつは実家を画廊にしようとしていて、などと訊かれもしないのに話しだすと、古本の取り扱い以外に占いもやっているという。

「ちょっと見てもらえますか」
「このあと予約が入っているから10分だけなら」

と、タロット占いをしていただく。名前、生年月日を書くとカードを切れと言われ、頭に浮かんだ数字はと続く。あとはカードを手際よく並べていく。

「なにを知りたいの」
「画廊のことについてお願いします」

ひとしきり画廊の今後についてのアドバイスをいただき、これから一定の期間に訪れたほうがよいところを教えてもらう。

SDIM0071

あとでネットで調べてみたら、タナミ ユキさんという方がされている、かなり有名な占いの方でした。

この日にふくろうを探しに行こう、猫雑貨へ行ってみたい、と、連れが言い出さなければ、そして天気に恵まれた散歩日和でなければ、この出会いはなかった。

SDIM0079

雑司が谷は漱石縁の地でもある。その小説のタイトルを冠した喫茶店「それから」へ行き、午後のお茶をした。

関連記事

  1. 京都府立植物園 温室の印象

  2. 生きた証として作品を描くからそれをプロデュースしてくれないか。

  3. 安東克典の描いた房総の風景

  4. A Journey Through the Wonders of Ar…

  5. 写真家、小野寺榮一さんと京都の路地を散歩する。

  6. The Inspiration Behind Past Days.

  7. オペラ「椿姫」初演の考察

  8. Call My Heart

PAGE TOP