没後30年 鴨居玲展 踊り候え

2F6A1BE0-0158-4733-BD85-C200C50D92FC

鴨居玲はとてもいいよ、機会があったら見ておいたほうがいい、とのアドバイスをいただき観に行ったのが2015年。東京ステーションギャラリーで北陸新幹線開業記念として開催されていた「没後30年 鴨居玲展 踊り候え」でした。

初めて観たのですが、最初は圧倒されちゃってまともに見ていることが出来ず。強い圧力で腰が引けました。

実際に描いているところを見ていたわけではないのですが、この人夜中に描いてたんじゃないかなって感じました。絵を描く人は大抵昼間、自然光の中で描くのですが、夜、一人、ろうそくや裸電球のもとで描いていたような印象を受けました。

ものすごく上手いと思います。ただ、モチーフとしているものが破滅や自傷なので暗く、重いと言われるのも気持ちとしてはわかります。

ただ、それは画面から感じるもので、画家が描きたいのはそういうことではないと思います。しばらく観ていて、生と死を真摯に見つめるとこういうことになるんじゃないかなと、そんな印象を持って会場をあとにしました。

関連記事

  1. 土浦市民ギャラリーにて土浦一高美術部メンバーによる展示「あれから・・・…

  2. 祝個展開催 始発ちゃんの個展にお邪魔しました。

  3. ハマスホイとデンマーク絵画展

  4. 資生堂宣伝部OBによる展示、SOB展が開催されました。

  5. 40年ぶりの2人展 土浦市民ギャラリー

PAGE TOP